ネット薬はかなり需要がある

ネット販売は普及する

インターネットの発達によって、今や様々な商品がネットで販売されるようになりました。

もちろん薬に関しても、ネットでいろんな商品を買えるようになりました。

薬のネット販売は、今までは規制によって一部しか販売されていませんでした。

しかし、その後は規制緩和もあって、より多くの薬がネットで販売されるようになったのです。

ただ、いくらネットが発達している今の時代とはいえ、需要がないものは決してネットでは販売されません。

需要があるからこそ、ネット販売は普及するものです。

つまり、薬に関しても需要があるからこそ、ネットで販売されるようになったのです。

自分に合う薬が薬局で見つからない、田舎に住んでいるので薬を買うだけでも一苦労、海外の薬を積極的に購入したいなど、様々な理由でネット通販が活用されているのです。

何よりネットであれば、家から出ることなく好きな薬を購入できます。

ですから、本当に忙しい社会人にとっては、魅力的なネット通販なのです。

 

ジェネリックと特許の関係について

 

日本で新薬が開発されて、販売されるようになるまでは、特許によって守られることになります。

要するに、薬の開発には膨大な時間と費用が必要となるので、それが無駄にならないために特許を取得するのです。

基本的に特許の有効期間は、特許を出願してから20年となります。

したがって、この20年の間は、他の製薬会社が同じような新薬を作ることはできなくなります。

逆に言えば、20年が経過すれば、同じような新薬を開発するのも許されるのです。

もっとも、特許を取得したとしても、当然ですが20年以内に新薬が開発できるとは限りません。

そのため、特許に関して最大で5年まで延長することができます。

さて、海外に目を向けて見ると、ジェネリックの医薬品に対しては、色々と問題が発生しているようです。

例えば、海外によっては、特許の取得が認められていない国もあります。

そのような国の場合だと、特許の適用外となってしまうので、ジェネリックと全く同じような医薬品が開発されたりするのです。

もちろん特許を取得できる国にとっては、このような事態は決して見放しておくわけにはいきません。

何かしら新たな法律を作り、対抗措置を取る必要があるのです。

しかし一方で、そのような対抗措置によって、アフリカを始めとして発展途上国で、ジェネリックが手に入りづらくなってしまう可能性もあるのです。

安価なジェネリックに関しては、発展途上国にとっては欠かせない医薬品なのです。

もしもジェネリックの特許が認められてしまうと、発展途上国で容易にジェネリックと同じような医薬品をを開発できなくなってしまうので、多くの国民が苦しむことになりかねないのです。

これは非常に難しい問題だと言えます。

権利はもちろん守られるべきでしょうが、一方でそれにより多くの人間が命を落としてしまうことになりかねないのです。

 

今後の薬通販について

 

今後は、薬通販はどのような方向へ向かっていくのでしょうか。

恐らく、今後はさらにインターネットやスマートフォンの普及で、薬通販を利用する人は増えるでしょう。

ただ、その一方でネットでの薬購入に対して、規制がされる可能性もあります。

ネットが普及すればするほど、それだけいろんなダイエット薬などが販売されるようになるでしょうから、それだけリスクも高まってしまうことになります。

それを危惧して政府が、ネットでの薬販売を規制することも考えられるのです。

とは言っても、すでに薬通販を経営のメインとしている企業も多いです。

したがって、すぐに規制をしてしまうと、それらの企業が大きな被害を受けてしまいかねません。

安易にな規制緩和は良くないですが、逆に安易な規制も良くないのです。

薬通販によりリスクと、それを規制することのデメリットの、双方をしっかりと考えた上で、今後のことを決めていってもらいたいです。

間違っても、すぐに大幅な規制をするようなことだけは止めてもらいたいです。